音楽葬 特設サイトコンパクトな葬儀 特設サイト

一般的な葬儀の流れ | 国分寺葬儀社

ご会葬頂きましたすべての皆さまへ
「心くばり」と「優しさ」が行きとどいたお葬式を執り行います。

このページでは、仏式、神式による一般的な葬儀の流れについてご説明致します。国分寺葬儀社では、宗派、宗教に拘わらず葬儀をお受け致します。

1.危篤の知らせ

病院に入院中の急変に関しては、医師の判断により、危篤の連絡が病院より入ります。
ご自宅で療養中に急変した場合は、至急主治医に連絡をして来て頂きます。主治医と連絡が取れない場合は、119番で救急車を呼びます。
危篤の知らせが入った場合、また危篤となった場合、まずはその場にいない家族へ連絡を取りましょう。
次に親族へ伝えます。遠方の方へは、なるべく早めにお伝えしましょう。
最後に、親しい友人、知人へ連絡を致します。

2.医師による死亡の判定

医師によってご臨終、または死亡が告げられます。告知の仕方は病院によって違いがあります。
ご遺体を病院からご自宅、または葬儀式場などに搬送する場合には、葬儀社に連絡を取り、遺体搬送車(寝台車)を手配する必要があります。
死亡診断書を持参の上であれば、自家用車でご遺体を搬送されても大丈夫ですが、葬儀社の用意する寝台車の方が、安定性、安全性、また不測の事態への対応性から安心です。

ご自宅でご遺体の安置ができない場合は、ご遺体の搬送前に葬儀を執り行う葬儀社を決め、ご遺体の安置場所を確保する事前準備が必要です。
その為、あらかじめ葬儀社を決めておくことをお勧めします。

3.ご遺族内での打合せ

4.ご遺体の安置

ご自宅などに着いたご遺体は宗派慣習に従って部屋に安置します。
故人が使っていた敷布団があればそれを敷きます。敷布、掛け布団等は普段ご使用のものでも大丈夫です。
ご自宅搬送の場合は、ほとんどを葬儀社の方がやってくださいます。
ご家族の皆様はご安心ください。

葬儀に関するご相談、お問い合せ | 国分寺葬儀社

ページ先頭へ